Loading...

玉川高島屋S・C
SDGsへの取り組み

様々な形や大きさの異なる樹々や葉、白くて綿のような花を咲かせるマロニエ。季節ごとに入れ替わる数々の植物たち。自然豊かな二子玉川の街、生茂った緑が建物を包み込むように建つ玉川高島屋S・C。ここを訪れるたびに清々しい空気と数々の植物に心が開放される。この豊かな自然を次世代に残したい――。
私たち玉川高島屋S・Cは、世界中の人々が共通目標として掲げるSDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)に積極的に取り組んでいます。

二子玉川から発信する豊かな街づくり

隈研吾さん インタビュー

玉川高島屋S・CとSDGsについて

玉川高島屋S・C 本館ファサードとマロニエコート増築を手掛けた建築家、隈研吾さんに玉川高島屋S・CとSDGsについてにお話を伺いしました。

人と緑と

建物から一歩外に踏み出すと、街へと続く植物のトンネル。屋上庭園、マロニエコート緑の庇。木漏れ日の中のそぞろ歩き。
長年にわたり、玉川高島屋S・Cが取り組んできた緑園化は訪れた多くの人々の心を開放し、憩いの場として親しまれてきました。緑が架け橋になり、人と人をつなぐ、そんな空間としてこれからもあり続けます。

限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用
限られた水資源を守りたい。生活排水を再生処理してトイレで使用

SDGs(持続可能な開発目標)

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで決まった、2030年までの達成を目指す世界共通の目標です。SDGsは17のゴールと、その目標を達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。先進国、発展途上国問わず国連サミットに参加する193の国が採択した国際目標であることから、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。